教育理念・目標

教育理念

本校は、独立行政法人国立病院機構及び社会に貢献しうる看護実践者を養成する教育機関です。国立病院機構は「患者の目線に立って懇切丁寧に質の高い医療を提供する」ことを理念とし、人間尊重を基盤に質の高い生活(Q.O.L.)を目指した医療・看護を実践しています。

この国立病院機構の理念の実現のため、本校では生命を尊重し、豊かな人間性と高い倫理観をもち、 科学的な知識による判断に基づき主体的に行動できる看護実践者を育てます。 また、医療の発展に対応できる生涯学習能力、研究的態度を育みます。

教育目的

看護師に必要な知識・技術・態度を教授し、独立行政法人国立病院機構及び社会に貢献し得る有能な看護実践者を育成する。

教育目標 ~期待される卒業生像~

  1. 人々の生命と個々の人格を尊重し、豊かな人間性を備えている。
  2. 看護の対象を身体的・精神的・社会的に統合された存在として理解している。
  3. 人々の健康と生活を、自然・社会的環境とのダイナミックな相互作用の観点から理解している
  4. 人々の多様な価値観を尊重し、専門職業人としての倫理観に基づいた行動をとる。
  5. 健康や障害の状態に応じ科学的根拠に基づいた看護を実践するための基礎的能力をもつ。
  6. 保健・医療・福祉制度と他職種の役割を理解し、チーム医療を実践するための基礎的能力をもつ。
  7. 看護実践者として国際的視野をもち、医療の最新知識・技術を自ら学び続ける姿勢をもつ。